無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↑国立感染症研究所が作ったビデオ(はしかから身を守るために)

最近、一時流行って、急に思い出した病気。

小さいころの病気だと思っていたけれど、怖いのね~。

しかも感染力はすごく強いらしい。
インフルエンザが、1人かかったら、2~3人に感染するのに対し、
はしかは、1人かかったら、10~18人に感染するんだって。

2012年までに麻疹を撲滅という目標があるらしい。
090131j.jpg

そんな目標なら、ワクチンも一部負担とか、
中途半端なことしないで、全額負担して、できるだけ受けるようにしたらいいのに。

感染症って、みんなが理解して協力しないと撲滅できないよね。
2012年って、すぐだよ~

その割には、日本は力入ってないんじゃない?
ワクチンっていう予防法が確立しているのに...。

大学に入るなら、はしかの予防接種を
スポンサーサイト
週刊 東洋経済 2009年 1/31号 [雑誌]週刊 東洋経済 2009年 1/31号 [雑誌]
(2009/01/26)
不明

商品詳細を見る


NHK独り勝ちの皮肉 民放離れが進むワケ/やむを得ず手を結んだ 産経新聞・毎日新聞の窮乏ぶり/トヨタの大幅削減に戦々恐々 火だるまの広告最前線

ってことだったので、読んでみた。

NHKの視聴率の勢いがよく、民放の視聴率が伸び悩んでいるのは、
各局がタレントに依存した安易な作りの番組を増やしているからではないか。

とくに、ドラマや野球が低迷して、フジテレビの「クイズヘキサゴン」で
常識的な問題に珍回答するおバカタレントが受けたのに他局が追従、とある。

そういえば、やたらクイズやバラエティーが増えた。
ドラマも以前のように、来週が楽しみだ~なんていうのがあまりないし。

先日の紅白に、ヘキサゴンの出演者が、なんとフジテレビの旗を持って、
舞台に上がっていたけれど、民放もなりふり構わずって感じで、
ちょっとイタイ感じ。

もっと中身のある質のいい番組、というか大人な番組が見たいな。
最近のは、ただうるさいだけかも。
Yahoo!縁結び - ウラ県民性診断 性格から見たウラ県民性は……秋田県タイプ


ウラ県民性診断

県民ではないけど、おもしろい性格診断。

案外当たってるかも。ただお酒がいける口ではないかな~。

ちなみに、この続きを読んでみたら、
秋田の女性は、
結婚しても働く人が多く、経済面でも家計を助けるタイプです。嘘やごまかしには厳しいですが、包容力があって忍耐強いしっかり者の妻になるでしょう。衝動買いは、秋田県の男性ほどではありません。
だって。

「結婚しても働く」のは当たってるけど、しっかり者かどうかは???

ま、なかなか楽しいので、よかったらやってみて。
放送倫理・番組向上機構(BPO)

こんなのがあるんだそうだ。

へぇ~、どれどれ?
と、視聴者からの意見というのを見てみると、

---------------------------------
ひとたび、医療側がすべて悪いというように報道されてしまうと、医療側はなかなか言い返すことができない。常々、医療関係の報道は横暴だと感じている。こんな報道がまかり通ってしまうと、医療現場の労働環境はますます悪くなってしまうと思う。

(蒟蒻ゼリーの件について)、「問題は食品の業者にあるのではなく、食べる消費者の方に問題があるのだ」ということを政府や放送局がきちんと国民に告げるべきだ

(介護業界の人手不足について)介護職員の人材不足の現場や場面説明として施設だけが取材されていたが、国策が在宅重視の方向で進められている現状とも、また、地域で支えるという普遍化の考え方とも異なっている。

(福島県の産科医無罪判決報道について)報道する側は妊娠を経験した方が少ないだろうから出産のリスクが分からない方が多いと思うが、出産経験のある者からしたら一方的に医師を叩きたいだけの報道にしか思えない。他の医療事故とは全く別だと思う。「産婦人科医不足」を声高に報道するのを見るが、それに拍車をかけているのはこのような偏見報道であり、ただ当事者を叩きたいだけの報道だという事をしっかり認識して下さい。こういう事を踏まえた上で遺族叩きや医師叩きにならない客観的な報道をして頂きたい。

(医療機関での採血器具の使い回し)いたずらに不安を煽り、心当たりのある人達をパニックに追い込んでいる。テレビ等のマスコミは医療に関する十分な知識もないまま報道しており、誤解と不必要な不安を撒き散らしている。報道が社会に与え影響を予測してもっと慎重に伝えると共に、冷静に対処するよう被採血者に呼びかけるべきだ。

----------------------------------------

見てる人は、結構今の報道に対しておかしいと思ってるんだよ~。

そういえば、最近まともな報道見てないな~。
いつも報道見ながら、「もっと落ち着いて報道したら?」って思うし、
「ほんとにちゃんと取材したの?」とか、ちょっと覚めた目で見てしまうなぁ。

だんだん記者たちが、あほに見えてくる...。
SANYO いつでも、どこでもきれいな空気を!  ポータブル 空間 清浄器 eneloop air fresher (マシュマロホワイト) CAF-VW10TG(W)SANYO いつでも、どこでもきれいな空気を! ポータブル 空間 清浄器 eneloop air fresher (マシュマロホワイト) CAF-VW10TG(W)
(2008/02/21)
不明

商品詳細を見る


ずっと気になってて、ついにポチッとな。

”空気”清浄機でもなく、
”加湿器”でもなく、

空間清浄機。
「水道水の成分から、ウイルスや菌類、ニオイ、花粉などを
押さえ込む物質を作り出し、放出する」んだそうで。

なんだか気になるわ~ってことで。
あ、別に花粉症とかじゃないです。

今まで加湿器は、2台ほど買ったけれど、
どれも、音がうるさくて、寝室には不向き。

しかもタンクが、ゴボゴボ鳴るし。
しかも、あまり加湿器のパワーがすごいと、結露がすごいことに(泣)


で、このタイプは、なんといっても小さくて、500mlのペットボトルくらいの大きさ。

090130.jpg

しかも、充電式のコードレスっ。
パソコンの横に置いたり、枕もとに置いたりしたい~☆

早く届かないかな。

家電製品ミニレビュー「eneloop air fresher」
女性がん診療ピンチに 学会調査 医師不足浮き彫り

---------------------(転記)-----------------------------
大学病院など一部の大規模病院で、子宮がんと卵巣がんの患者の受診が急増し、地域によってはお産に加え、女性のがん診療もピンチになっていることが、日本産科婦人科学会の緊急調査で28日までに分かった。

 学会は、産婦人科医師の不足でお産とともに婦人科診療を取りやめる医療機関が増えた結果、これらのがんの患者が大病院に集中したとみて、さらに詳しく実態を調べる方針。

 患者集中の影響で、手術の待機期間が長くなったり、長距離通院を強いられたりするなど、患者側の不利益も明らかになっているという。

 調査は、同学会などに年間の子宮がん、卵巣がんの患者数を登録している約270病院について、2004年と07年の患者数を比較。うち20病院はこの3年で患者数が1・25倍以上になっていた。

 増加が最も著しかったのは三重大の2・26倍。それに千葉県がんセンター(2・02倍)や東京医科大(1・95倍)、大阪大(1・71倍)などが続く。

 病院調査とは別に、学会が地方部会に、大病院への患者集中について尋ねたところ、宮城、茨城、群馬、三重、熊本、鹿児島の6県が「患者が手術を待つ期間が長くなるなど厳しい状況」などと回答。茨城県では、県北部や中部の医療機関が次々とがん診療をやめたため、100キロ以上離れた南部の筑波大に通う患者もいるという。

 調査した吉川裕之筑波大教授は「患者の集中度合いが限界に近い県もある。患者が増えた詳しい原因や実態をさらに詳しく調べ、解決策を探りたい」と話している。
--------------------------------------------------------

この間、「婦人科も...」でもかいたけれど、
う~ん、やっぱりそうなるよね。

産婦人科へ検診に行く身としては、なんだか心配なニュース。
今の優先順位は、
①分娩
②悪性腫瘍
③良性腫瘍(重症)
ってかんじかなぁ。
手術当日の朝って、ものすごく緊張してるかと思いきや、
意外と普通...。むしろ落ち着いている。

それより、何より、みんなが朝ごはん食べているのに、
自分はこの日、ご飯は来ないから、
”ひま~!!”

そして、そんな日に限って、好きなメニューだったりする(泣)
いい匂いの中、ひまひまで、ぼんやりテレビ見てると、
だんだん時間が近づいてきて、
ようやく看護師さんが、点滴の針やら薬やらを持ってくる。

ここで、最大の難関がっ。

それは、”浣腸~”。
もう、これさえなければな~といつも思う。

たいがい1分も持たずにトイレに走ることになるんだけど(汗)

で、それが終わると、太い点滴の針を入れるのが、
また辛い...。血管細いので、看護師さん泣かせかも。

若い看護師さんが、やや緊張気味で一発で入れてくれた。

安定剤みたいなのと、胃酸を抑える(?)とかいう錠剤を2種類くらい
これまた極小の水で飲み、T字帯やらその他手術室から帰ってくるときに
必要なものをバスタオルにくるんで、スタンバイ。

ここまでくると、もう、ほんとに何もすることはないので、
ひたすら暇。テレビでは、おいしそうなCMばかり目に入る。

090129.jpg


もう、おなかすきすぎだ~と思ったころ、
「そろそろ行きますよ~」とお迎えの車いすが到着。
病室で点滴がすでに始まっているからなのか、なぜか元気なのに
車いすだったなぁ。

手術室に入ってしまえば、もうあとは先生にお任せなので、
やっと寝れる~と思ってたりする。

意外と、手術が怖いというよりは、術前の準備のほうがブルーだな~。
睡眠不足:風邪ひきやすく 免疫力に影響?

------------------(転記)----------------------
睡眠不足だったり、眠りの質が悪いほど風邪をひきやすいことが米カーネギーメロン大などの研究チームが実施した調査で分かり、今月の米医師会誌(JAMA)に掲載した。予防には日ごろから、十分な睡眠が必要と言われるが、それを裏付けたことになる。

調査は00~04年、公募に応じた健康な男女153人(21~55歳)を対象に実施した。睡眠時間のほかに、熟睡度を測るためにベッドで寝た時間を、2週間にわたって調べた。

 その後、風邪の原因ウイルスを含んだ点鼻薬を投与し、約1カ月後の症状や血液検査による感染状況を調べた。

 その結果、睡眠が7時間未満の人では8時間以上の人に比べて風邪をひいた人の割合は2・9倍も高いことが分かった。また、ベッドで寝ている時間の割合が92%未満の人では大半をベッドで就寝している人に比べて5・5倍も多かった。体重や社会的地位などの因果関係は認められなかった。

 風邪をひきやすい状況になっても、十分で質の高い睡眠を取っていれば発症しにくいことをうかがわせた。研究チームは「風邪予防には睡眠と言われてきたが、それを示すデータは乏しかった。睡眠が免疫力に影響を及ぼしているのではないか」と指摘している。毎日新聞 2009年1月23日
----------------------------------------------

そういえば、結構小さな風邪をちょくちょく引いている彼は、眠りが浅い。
夜中に何度も目が覚めるらしく、その割に、夕食後はおなかいっぱいになると、
うたた寝していることが多い。

私は、どちらかといえば、椅子でうたた寝が苦手で、すぐ布団で昼寝派。

で、夜は爆睡タイプ(ただし、朝は弱い)

寝ている私の姿を見て、「いっつも、気持ち良さそうに寝れて、ええなぁ~」と。

私の睡魔を少し分けてあげたいよ~。

それにしても、質のいい睡眠って、難しいね。
睡眠時間が長いから、いいってものでもないし。

090128.jpg
↑クリックすると大きくなります。

私たちの知らないところで、仕事とはいえ、私たちのために、
たくさんの人に誤って、手術とかしてくれてるんだなぁ。
手術とかいろんな治療は、一人ではできないもんね。


【産科医解体新書】(22)仕事のコツは「まず謝ること」 (1/2ページ)
【産科医解体新書】(22)仕事のコツは「まず謝ること」 (2/2ページ)
<抗生物質>4割が自己判断で服用中断…「耐性菌生む」警告

処方薬、「飲み切らない」が7割強(1/21)」のエントリーの続き見たいな記事だけれど...。

まぁ、痛み止めみたいな薬は、自己判断でもよさげだけれど、
さすがに抗生剤とかは、勝手にやめたらこわいのに~。

って、会社で、抗生剤は勝手にやめたらだめらしいよ~って言ったら、
みんな知らなかったorz

そっか、知らない人のほうが多いのね。

----------------(転記)------------------
渡辺教授によると、抗生物質はむやみに服用すべきでないが、一度使ったら必要量を集中的に飲まないと、生き残った病原菌が耐性化して治療が難しくなる恐れがあるという。日本では肺炎球菌や中耳炎などを起こすインフルエンザ菌が耐性を持つ割合が急増しており、「他の先進国と比べ国民が服薬指導を守っていないことも原因の一つではないか」と話している
----------------------------------------
74歳の車が居酒屋突入、慌ててバック…客と自転車女性死亡

いや~、怖い事故だよ~。

そういえば、「中型免許(1/10)」のエントリーでも書いたけど、
高齢者の事故が多いってほんとだなぁと実感。

ただ、最近、高齢者だけでなく、結構中年の人も、無謀な運転多いよ。
先週から同僚がインフルエンザでダウン。

今週復帰したけれど、今度はうちの部署でも数人がインフルエンザでダウン。
う~、だんだん身近に迫ってきてるなぁ。

ダウンした同僚は、タミフルではなく、リレンザが処方されたそう。
で、リレンザって、粉を吸い込むけど、にがい?って聞いたら、にがくないって。
ふ~ん、にがくないのか~。
粉薬嫌いの私には、ちょっぴり朗報♪

といっても、インフルエンザにはなりたくないから、薬に縁がないことを望む~☆

彼が今日、買ってきた「週刊ダイヤモンド(1月31日号)」に、こんなのが載ってた。
090126b.jpg
毎年、予防接種している人って結構少ないんだなぁ。
確かに自分のまわりでも、そんなものだった。
(ちなみに受験生とかがいる人は家族で予防接種が多かったな)

で、まったく受けてない人が、なんと6割もいるのか~。
そりゃ、流行るよね。

ちなみにインフルエンザについてのアンケートの記事はこちら↓
クリックすると大きくなります。
090126a.jpg

新型インフルエンザの知名度が96%というのは、テレビでの効果かも。
増える“無自覚冷え症男子” 簡単「冷え症対策」

わ~、まさに彼の症状。
いつも手が冷たいんだよねぇ。

-------------(転記)-----------------
シトルリン代謝向上研究会が行ったアンケートでは、なんと20代男性の25.3%が「冷え症」で悩んでいると答え、冬の悩みのトップに。しかも、男性の冷え症にはある特徴が。それは“無自覚”が多いということ。同アンケートで、「冷えを実感していない」と答えたにも関わらず、「手足がいつも冷えていてなかなか温まらない」「朝起きるのがつらい」「肩こりがひどい」など、“冷え症チェックリスト”に3つ以上該当している人が、25%もいたのだそう。つまり男性の1/4は、れっきとした「冷え症予備群」なのだ。
------------------------------------

彼は、バリバリ自覚症状あるみたいだけど、やっぱり多いんだなぁ。

-------------(転記)-----------------
「冷え症の原因の多くは“ストレス”なんです。本来、私たちの体は日中は“緊張モード”になり夜は“リラックスモード”になる自律神経が働いています。残業続きだったり、リラックスできない状況が続くと、自律神経がバランスを崩し、血管が収縮、血流が悪くなってしまうんです。“冷え”は、ストレス過多のサインでもあるんですよ」(大阪大学大学院医学系研究科・石蔵先生)
------------------------------------

先日のロハスメディカルでも冷えは血管が縮むって書いてあった。

よく思い出してみると、緊張すると、手が冷たくなるけど、あんな感じなのかもしれない。

血流がよくなるよう、リラックスするための切り替えも上手にできるようにしないと。

男性も癒しが必要なんだ。
精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)精神科ER 緊急救命室 (集英社文庫)
(2008/11)
備瀬 哲弘

商品詳細を見る


昨日今日と、かなり寒いっ。
今日は昼間に雪が舞っていた。
でも、そんな中、ウォーキングですよ。
2日で8kmくらい歩いたかなぁ。

さすがに、これだけ歩くと、不思議なことに暑い。
ほんとに、冬に暑いって思うなんてびっくりだけど、
それほど歩くって、エネルギーがいるんだ。

疲れて帰ってきたら、なんとも心地よい疲労感で昼寝した。
(まるでプールの後のような睡魔)

さて、この本を読んで、精神科って、こういうところなんだなぁと、はじめて身近に感じた。

ほとんどの人は、自分は普通だと思ってるけど、
(無意識に、そういうことを考えていないというか...)
ほんの少しのことで、人間って、不調になったりするんだなぁと思った。

もしくは、普通って何?とか、考えてしまう。

自分が自分の不調に気がつかなかったら、
どんどん進んでしまうこともあるんだ。

でも、いつもいつも絶好調ってことはありえないから、
自分自身で好きなこと、嫌いなこと、いやなこと、楽しいこと
いろいろバランスよく選択していくしかないのかな~。

本で驚いたのは、精神科って、医者同士、あるいは医学生同士でも偏見があるということ。
同じ医学の世界にいてもそうなんだ。

精神科って、医学のようでそうでないような、不思議な科だ。
今や入院費なんて大きな金額は、
クレジットカードで支払えるので、とても便利。

さすがに何十万もの支払いなので、
ものすごいポイントつくし(笑)

でも外来でクレジットカードで支払ったことが一度だけあった。

確かに薬を2サイクル分もらったけれど、
その他に、いつもの内診、がん検診、超音波、ポリープ切除など
盛りだくさんの日だった。

それでも、保険で、まぁこれくらいだろうって思って
会計へ行くと、「17080円です」

ええっ?!なんですと?

財布には12000円くらいしかなくて、
すんごい焦った。

一人だし、彼にお金借りるわけにもいかず、
とっさに、「カード使えますか?」と強引にカードで支払った(笑)

ほんとはカード払いは入院費に限るようだったけど。
しょうがないやん....。

今思えば、お金おろしに行けばよかったんかなぁ。
(病院のまわりに銀行ないんだけど)

いつもは数千円ですむからと油断してた。
(ホルモン治療の時は、薬が高いから、
それなりに用意して行ってたけれど)

とはいえ、行ってみないと、どんな検査になるかもわからないし、
病院へ行くときって、どれくらい持っていけば安心なのか
意外に予測が難しいなぁ。

外来でもクレジットカードや、デビットカードが使えるといいなぁ。
って、使える病院増えてるのかな。

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。