無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100430.jpg

コレは、彼の腕時計。

ついに購入したようだ。

きれい~☆

ただ今、とっても品薄なようで、
なかなか手に入らないんだとか。

お店でも入荷がいつか約束できないほどだけど、
運良く予約していたお店に入荷があって、
めでたく腕に♪

すごく薄くて、軽くて、ソーラーで、
電波時計で、いろいろ機能満載。

男性には、このブルーが人気なのかな?
スポンサーサイト
ボクの一生はゲゲゲの楽園だ〈1〉―マンガ水木しげる自叙伝ボクの一生はゲゲゲの楽園だ〈1〉―マンガ水木しげる自叙伝
(2001/05)
水木 しげる

商品詳細を見る



ゲゲゲつながりで、ついつい読んでいる
水木しげるの自伝。

といっても、全編マンガでの自伝なので、
あっという間に読めてしまう。

子供の頃から始まり、戦争体験、漫画家時代、
平成の今と続くので、6巻もある。

漫画家というのは、相当忙しい割に、
なかなか暮らしが安定しなくて、
ほんとに大変そうだ。

漫画家になる人は、センスや技量もさることながら、
強靱な体力も必要なんだろう。

ところで、巻末に、
小説家や、ディレクター、妖怪研究家など、
いろんな人の解説が載っている。

その中の一つに、元軍医という人が載っていた。

戦地では、傷を負った場合、感染症でショック死することがある。それで、とにもかくにも傷ついた部位を切断してしまうことが唯一の予防救命の手段だった。水木君も前線で衛生兵に処置されたのだろう。そしてその後の外科治療のために病院におったわけだ。病院の兵隊は私も水木君も含めてほとんどがマラリアに感染していた。熱のために、みな朦朧としていた。何か森には精霊が充満しているというのか、しょう気のようなものがあった。彼が漫画の背景に点描で表現しているものはそれかもしれない。



感染予防のために、とにかく切断しちゃうというのがすごい。
命さえ助かればよしということなんだろうけど。

麻酔のない状態で左腕切断手術したそうだから、
もう気が卒倒するほどおそろしい。

でも、このままだったら死ぬかもしれないとなったら、
できるものなんだろうか?
JIN―仁― 18 (ジャンプコミックスデラックス)JIN―仁― 18 (ジャンプコミックスデラックス)
(2010/04/30)
村上 もとか

商品詳細を見る


最新刊が明日発売だっ!
忘れずに買えるかな~(笑)
早く読みたいっ
トリンプ、就寝用ブラジャー「おねむりブラシリーズ」を発売

トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、“寝ながらキレイになりたい”“睡眠の質を高めたい”と考える女性たちの支持を受けて人気が高まっている就寝用ブラジャー「おねむりブラ」シリーズの新作を、4月22日から、全国のトリンプ製品取扱店で発売する。

 リラックスタイムの過ごし方や快適な睡眠にこだわる女性たちの間では、寝る時もキレイなバストラインをキープしてくれる就寝用ブラジャーの人気が高まっている。「おねむりブラ」は寝る時もリラックスできるよう着けごこちに配慮したノンワイヤーのブラジャー。パワーネットをカップ内側の脇部分につけることで、横になった時もバストが外側に流れるのを防いでくれるという。またおそろいの「おねむりハラマキ」も展開し、寝る時も女性の大敵といわれる“冷え”からおなかを守るとのこと。



これいいよね~!!
ほしいなぁ。

休日、家にいるときに使えそう。

あと、入院している人にもいいんじゃないかと思う。

入院中、特に、昼間にブラをすべきか否か、迷う。

もちろん、術後すぐは、それどころではないんだけど(笑)

でも、歩けるようになり、病棟をうろうろできるようになると、
さすがに、ノーブラというのも、気になるところ。

そんな時、こういうのがあったら、
締め付け感もなく、そのままベッドに横になれるし、
廊下もうろうろできるし、便利そう♪

体調悪くて、家でひきこもりしているときも、よさげ♪
100427.jpg

↑クリックすると大きくなります

披露宴で陣痛きたら、ほんとに大変だ。

だって、披露宴って、休日にするものだから。

それにしても、イラストが、
バミュ先生のできちゃった婚かと思ったよ(笑)
「ラー油でごはん」が常識に

(抜粋)
■「習慣化」にご用心

 ブログに「気がつけば、ご飯2杯とラー油の半分を食べてます」と書いている女性(30歳)がいたが、確かに、病みつきになりそう。
 しかし、「100g当りエネルギー656kcal」と書かれたラベルを見てびっくり。ほぼ100%油なのだから当然だが、110グラム入りの桃ラーを一度に5分の1も食べてしまうと、それだけで100キロカロリー以上を食事にオンしたことになる。
 気になるのは、カロリーだけではない。
 食文化史研究家の永山久夫さんによれば、唐辛子とごまを主成分とするラー油は、本来、健康にいい調味料。唐辛子には余分な脂肪分を燃焼させるカプサイシン、ゴマには抗酸化成分やビタミンEなどが含まれているからだ。しかし、
「毎日大量に食べ続け、それが習慣化すると問題です」
 元々は、1滴、2滴と「滴」単位で食べるはずのラー油を、「スプーン」単位で食べるわけですからね。
「刺激が強いラー油を毎日、大量に食べ続ければ、一年もしないうちに味覚がマヒします。しかも、長く続ければメタボになり、動脈硬化を引き起こすことも十分に考えられます」



そりゃそうだよね。

うちでは、大量には食べないけれど。

ティースプーンに2杯くらいを、
週一ペースかな~。

いくら好きでも、毎日ではない。

そんなにハイペースで食べたら、
品薄な今、すぐに購入できないしね(笑)

でも、がっつり食べている人いるんだろうな。
ゲゲゲの女房ゲゲゲの女房
(2008/03/07)
武良布枝

商品詳細を見る


ゲゲゲの鬼太郎の奥さんの著書。

NHKの連続テレビで、今放送されている
「ゲゲゲの女房」の原作で、
今のところ、原作と同じストーリー。

奥さんの目線から見た水木しげるさんが書かれている。
貧乏時代の方が、お互いの距離が近くて楽しかったようで。
(相当貧乏で、大変だったようだけれど)

もともと鬼太郎は、「大人も読むに耐えるものを描く」という姿勢で描かれたそうだ。

たしかに、「墓場鬼太郎」は、大人向け。



この本には、戦後の昭和の暮らしが垣間見えるのも面白い。

水木しげるさんの母は、奥さんに、
「寄生虫の卵がついていたりするので、
野菜は必ず洗剤であらうように」という手紙を出されている。

今では、家庭で野菜を洗剤で洗う人なんていないだろう。

また、奥さんが妊娠中、日々の暮らしが心配で、眠れないとき、
水木さんから、睡眠薬をもらっていたそうだ。

当時、世間ではサリドマイド被害で問題になっていたそうで、
貧乏で新聞がとれず知らなくて、すっかり情報に取り残されていたとか。
幸い、サリドマイド系の薬ではなかった。

本では、水木しげるさんの生きることに貪欲な、
でも、ものすごく好きなマンガに注ぐ熱意がよくわかる。

NHKのドラマの方も、これからの展開が楽しみだ。
ワクチン研究開発の問題点でヒアリング―予防接種部会

(抜粋)
日本で使用できるワクチンの数は英国、米国と大きな差はないが、接種システム自体に大きな差があると指摘し、問題点として、▽定期接種と任意接種に分かれ、任意接種は予防接種法の外の取り扱いになる▽混合ワクチンがジフテリア・百日ぜき・破傷風混合ワクチン(DPT)、ジフテリア・破傷風混合ワクチン(DT)、麻疹・風疹混合ワクチン(MR)以外ない▽不活化ワクチンでも原則として筋肉内注射が認められていない―ことを挙げた。
 ワクチンの接種率が低い理由については、接種の効果についての評価が行われていないことがあると主張。ワクチンの接種者数と患者数の関係を把握できるサーベイランスの必要性を強調した。また、国立感染症研究所の感染症患者のサーベイランスは定点調査が中心で、全数把握ではないため、感染症の動向を正しく把握して対策を取るには不完全だとの見方を示した。



一般人は、ワクチンとか感染症とか、
正しく理解する情報源が、なかなかつかみにくい。

100424a.jpg

彼に連れられて、京都の競馬場。

100424g.jpg

テレビではなく、こんな間近で馬が走るすごさを見て、
改めて、馬って、速いなぁと。

100424f.jpg

近頃は、馬券を買うマークシートも、
こんな風に1枚1枚出てくるんだ~と、
小さい発見をしてみたり、

100424b.jpg

彼が真剣に予想している横で、
100円でちまちま遊んでみたり。
(ちなみに、3着以内に入って、当たり♪)

100424c.jpg

↑これは、昔の勝馬投票券。今と全然違う。

100424d.jpg

↑こちらは、明治41年の入場券。
京都らしくてかわいい♪



100424h.jpg

今の入場券は味気ない。

今日は、とても寒くて、天気もいまいち。
途中パラパラ雨もあったりで、ほんと真冬みたいだった。
健康保険料に続き、そういえば、雇用保険料もあ~っぷしてる。

あっちもこっちも、アップアップだ。

そういえば、厚生年金保険料も。。。

ん~、なんだかわからないけれど、
払った分、ちゃんと使って欲しいねぇ。

いつか払った保険料の恩恵が受けられるんだろうか?
できないやつほど騒ぐ、、、なんて、つい考えてしまう。

自分のことは、、、まぁ、置いておいて(笑)

なんだか、騒いでいる人って、自分で考えるってないんだろうかと。

テレビでも、そうだけれど、ギャンギャン言う人ほど、
見かけは派手だけれど、実は、それほどでもなかったり。。。


よく、母親が、「あほ犬ほど、よく吠える」と言ってたけど、
それって、人間にも当てはまるのでは?
なんて、、、最近よく思う。

自分の周りでも、できる人って、さわがずとも、
しらぬまに、ちゃんとできてるもん。

近頃、ギャーギャーうるさい人が多いかも~。

独り言でした(笑)
さむ~い!帰宅してから、ヒーターつけてしまう。
おまけに外は大雨だし

全然、春じゃないよ~。

ところで、、、

たまたま定期貯金とかの照会をしていたら、
入院したときに、健保から高額医療費の戻りを、
貯金した頃の明細があった。

公的保険の戻り+民間の医療保険の給付金で、
かなりのお金で、びっくり。

これは、また何か病気したときの資金として、
貯金しておこうとその当時思ってたはず。

今まで使わずにこれてよかったぁ~

で、その時は、入院やら自宅療養やらで、
だいぶ休んだんだけど、
た~くさん有給が余りまくってたため、
すべて有給を使って休んだ。

なので、一度も会社にいかずして、
丸々1ヶ月分の給料が振り込まれている。
なんとも不思議な気分だった。

有給なんだから当然だけれど、
これって、ありがたい制度だなぁと思う。

サラリーマンならではの制度だよね。
自営業だったら、死活問題だ。

病気したときに、こういう有給制度やら、
高額医療保険制度などの、ありがたみがよくわかる。
患者同士の暴力、医療従事者の1割経験 「暴言」も3割

日本の医療機関では入院は相部屋が多いうえ、長時間一緒にいることから、患者間でトラブルが発生しやすい、という指摘は以前からあった。福岡市博多区の医療機関では2008年9月、5人部屋に入院中の男性患者2人が酒をのんで口論となり、1人が殴られたりけられたりするなどして死亡する事件も起きた。

 調査は今年2月、東京都内であった暴言・暴力対策の講習会に参加した看護師、事務職員694人に、所属する医療機関で、半年以内に暴言や暴力を1回でも経験したかどうか尋ね、579人(83%)が回答した。

 患者同士で身体的に傷つけたり、物を投げつけたりする「暴力」を目撃や報告したことのある看護師は14%、事務職員は10%。脅しなどの「暴言」は、看護師34%、事務職員26%が確認していた。

 原因としては、「せきやいびき、話し声がうるさい」など音をめぐるトラブルが多かった。大阪府の医療機関の結核病棟で今年2月に同室の患者間で起きた刺傷事件は、「せきがうるさい」との理由で、1人がナイフで切りつけたものだった。加害容疑者は殺人未遂容疑で逮捕された。

 和田さんは「患者にとって安全な医療環境を守るため、患者にはトラブルは早めに医療スタッフに相談するよう伝えておき、実際に起きたときの対策も医療機関であらかじめまとめておくことも必要だ」と指摘している。



>日本の医療機関では入院は相部屋が多い

確かに、4人~6人部屋が多いよね~。
短期なら我慢できるけど、1ヶ月くらいとかになると、
いやな人がいると苦痛かも。

幸い、手術前は6人部屋だったけど、
術後は、2人部屋(ただし部屋代かかるけど)だった。

どちらの部屋でも、周りの人がすっごくいい人で...。

2人部屋で一緒だった人は、2~3日で、
部屋代もったいないからと、
相部屋へ移って行かれたけど、
私は、遅くにしか面会に来れない彼が、
相部屋に入りにくそうだから、退院まで2人部屋。

隣に次の人が入らないと、2人部屋を1人で使えたし、快適♪

相部屋であろうが、2人部屋であろうが、
入院してるからって、最低限のマナーは守らなきゃね。

酒飲んだり、暴れたりって、いい大人が、
子供かっ!って思ってしまう。

どうしてもいやなら、部屋を変えてもらうとかね~。

まぁ、入院するほど具合悪いのだから、
普段気にならない、ささいなことでも、気にはなるけれど。
(物音とか、いびきとか)

今までの入院で、周りの人がよかったのは、幸運かも。

最近は、個室とか、2人部屋が増えているらしいので、
民間の医療保険は、必須かも。
(部屋代くらいは返ってくるので、黒字♪)

100420.jpg
↑クリックすると大きくなります。

妊婦さんは、糖分だけでなく、塩分も要注意なんだ。

塩分というと、ついつい成人病を連想してしまうけれど、
なるほど、「妊娠高血圧症」という名前を聞くと納得。

めんつゆも確かに、塩分強いけど、
ラーメンが一番すごい塩分だと思う。

インスタントラーメンの袋に書いてある、
塩分を見たら、びっくりするよ~。
熱を測ったとき、
「37度1分」だと、「37ど1ぶ」読むけれど、
「37ど1ぷん」と読む地域もあるそうだ。

それにしても、なんで「1ぶ」と読むんだろう。

それと、基礎体温とかで、
度以下が2桁の場合、

「37度56分」?

それとも、
「37度5分6?」

なんて読むのかなぁ。

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。