無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
連ドラのセットがある建物のとなりに、
博物館があるので、ついでに寄ってみた。

(クリックすると大きくなります)

101031a.jpg
ラジオ体操って、こんな昔(戦前)からあったんだと驚く。


101031b.jpg
大阪砲兵工場で働く職工の衛星調査。
明治38年と言うが、体温はどうやって測ったのだろう?
もう体温計はあったのかしら。
それに、年齢が17や19歳と若い人も多い。

101031c.jpg
昔の人は、本当に達筆で、ほれぼれする。
洪庵さんは、除痘館を広めるため、
ちらしの左側には、出張医師、近園の除痘所を案内している。

101031d.jpg
かつて日本でもコレラが大流行したそうだけれど、
そんなに昔ではないのだな~。
今は、水道の水質が良くなったから、
すっかり過去の病気のように感じる。

101031e.jpg
当時の人は、日本語に、しかも漢字に
訳すのにすごく知恵を絞ったのだろうか?

こうやって実物を見るって、楽しい。

※館内は写真撮影可
スポンサーサイト
台風は、なんのことなく去って、
雨も全然降らなくて、あっけなく、、、

101030c.jpg
こんなところに来てみた。

で、
101030a.jpg
こんな廊下を通って、


101030b.jpg
こんなカードをぶら下げて、

101030d.jpg
今回は、舞台が大阪ということで、
N○Kの連続テレビドラマのセットを見てきた♪

今、放送中なんだよね~。

スタジオのセットなんて初めて見たけど、
案外狭いんだなぁと驚いた。
あ、狭くないと、画面に入らないかw

101030e.jpg
こちらは、あかりとおばあちゃんが寝ている和室。

101030g.jpg
そして、こちらは、今後のドラマの展開で、
出てくるであろうセット。

いや~、テレビのセットって、狭いところに、
うまく作ってあるね。

101030f.jpg

楽しかったよ♪

よりによって、土曜日にくるなんて...。

だいぶ、風が強くなってきて、
そろそろ近づいているのかな?という感じ。

台風といえば、ものすごい強風の中、
なぜ、みんな傘を無理にさすのかなぁ。

もっとレインコートを活用しようよ~。
傘壊れちゃったら、エコじゃないよ。
なんて、ニュース見ながら思ってしまう。

そういえば、以前、外国人から見た日本人というのに、
「日本人は、傘をさしながら、自転車に乗ってるのに驚いた」とのこと。

確かに、傘さして、よろよろしながら走って、
危ないよね。
75歳未満保険料は最大7万円増…新高齢者医療

厚生労働省は25日、後期高齢者医療制度を廃止して2013年度から新制度に移した場合の保険料負担の試算を、厚労相主宰の高齢者医療制度改革会議に提示した。

新制度で国民健康保険(国保)に移る75歳以上の保険料は、今から10年後の20年度に年平均で約2万円の増加にとどまる一方、75歳未満は2万~7万円増える見通しだ。同会議は試算に基づいて年内にも最終報告をまとめ、厚労省は来年の通常国会に関連法案を提出する考えだ。



厚生年金保険料も、率が上がったところだけれど、
保険料も上がるのぉ~?

年々、社会保険料が上がるけれど、
給料上がらないよぉw

いやはや、ほんと稼げるときに稼いで、
貯金増やしとかないと、
うっかり病気もできない。

自分たちは、年取ったら、
保険料払えるかしらん???



ハイチのコレラ、国連が感染拡大を警告

数日前から、コレラが流行ってると出ていたけれど、
感染者が3342人とは、、、

地震の後のキャンプで流行っているとのことだけれど、
災害後の感染症などの病気も要注意なんだなぁ。

奄美とか、水道はもう復旧したのかしらん。
日本は、水質がいいし、復旧が早いから、
コレラなどは、流行ることはないのかな。
仕事帰り、とっぷり日が暮れると、急に冷たい風!

今年の猛暑のせいで、すっかり忘れてた冷たい風が、
冬の匂いをはこんでくる感じがする。

あ~、明日何着ていこう。。。
秋はもう終わっちゃうの?

野鳥における高病原性鳥インフルエンザウイルスの検出について(お知らせ)

新型インフルの記憶でさえ、薄れつつある中、
高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5N1亜型)の
存在もちらほら。

もうすぐインフルの季節。
夏の疲れもちょっぴり引きずりつつ、
冬支度もしなきゃなぁ。。。
101026.jpg
↑クリックすると大きくなります

自然って、なんだろうね。
せっかく授かっても、希望の性別じゃないと
いらないというのも、驚いた。

産婦人科の先生も、対応が大変だな~。
東大医科研所長VS朝日新聞 がん治療ワクチン記事巡りバトル

ちょっと騒がしくなっているこのニュース。

でもって、こちらを読むと、、、
朝日新聞「臨床試験中のがん治療ワクチン」記事について

厚生労働省のコメントとして「因果関係が疑われるとすれば」という前置きを削除して、「早急に伝えるべきだ」という部分だけを掲載している


とのことだけれど、マスコミの得意技ではないかな~と思った。

マスコミが勝手に騒いで、不安をあおっているなんて、
治療している人にしてみれば、迷惑きわまりないね~。

患者のためといいつつ、全然患者を傷つけてるし。

報道関係者こそ、訴訟のネタがたくさんありそうだ。
勉強不足な上に、言いっぱなしは、許されないと思う。

世の中で一番信用ならないね。
骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと骨は語る 徳川将軍・大名家の人びと
(1985/12)
鈴木 尚

商品詳細を見る


発掘された骨から、いろんなことがわかるんだな~。
まずは、歯。

歯のすり減り方から、どんなものを食べていたかとか、
出っ歯だったとか、、

さらに、身長や猫背だったかとか、わかるそうだ。

実際に頭蓋骨の写真が載っていて、
肖像画と比べてみると、結構肖像がと近いとか。

また遺体の埋葬状態などの写真を見ると、
当時の人は、あぐらをかいた状態で、
たくさんの装飾品と共に埋葬されているのが興味深い。

また、産毛やへその緒なども納められている場合もある。

頭蓋骨の写真をみたりすると、
本の中で出てくる人の、生きていた頃が、
ぐっと近くなる感じがする。

羽田空港がオープンして、
麻薬犬も常駐するようになったそうだ。

オープン前に、手荷物が入ってくる場所で、
ちゃんとここが仕事場だと教え込まれるらしい。

それにしても、きちんと訓練された犬はかっこいいね~。
訓練する人も、大変だろうけれど。

麻薬犬は、正式には、麻薬探知犬(まやくたんちけん)というんだそうだ。
幸せを届けるボランティア、不幸を招くボランティア (14歳の世渡り術)幸せを届けるボランティア、不幸を招くボランティア (14歳の世渡り術)
(2010/07/23)
田中 優

商品詳細を見る


難民キャンプの逆格差というのがあるそうだ。

周囲の農家がとても貧しくて、
病院にも簡単にかかれなくて、
でも、難民キャンプには、医師が常駐している。
周囲の農家は、自分たちが生きるのがやっとなのに、
難民キャンプの人は、食事も困らない。

そうすると逆差別が起こってしまう。

なるべく彼ら自身の手で進められるよう、
最低限の支援をするそうだ。

また、災害対策ボランティアに関しては、
依存しない、させない、ということで、
撤収が大事だそうだ。

援助とは、必要な人に必要な間だけ行い、
いつまでも続ける支援は健全ではない。

ボランティアといっても、
きちんと目標をもたず、
だらだらしてはいけないんだな。
奄美地方は、やっと自衛隊も到着したようだ。

それにしても、電話も通じない、電気もこないなど、
ライフラインがないと、本当に不便だよね。

おまけに、携帯も、テレビも見れないし。
情報が急になくなると、不安も倍増。

ところで、巡視船が透析が必要な方を救出したとか、
赤十字から医療スタッフが派遣されたとか、
ようやく、救助が始まったようだけれど、
何せ、道がないようだし、たどり着くのも大変そう。

こういう災害時って、確かに食べるものにも困るけど、
持病があったり、介護が必要だったりすると、
すべてが、ストップするので、いきなり命の危険に
さらされてしまうので、恐ろしい。

学校から帰れない児童は、
給食用の備蓄の米を炊いて、
おにぎりを食べたとか。

やはり備蓄ってしておかないといけないね。
奄美大雨、安否確認も難航 特養ホームなど連絡つかず

仕事帰りにちらっとネットで見たら、
奄美地方が大雨と出ていたけれど、
これほどとは、思わなかったので、
夜、テレビで見て、驚いた。

まだ、ニュースを放送している割に、
何も状況がわからないとか。

学校から帰れないとか、
屋根の上で非難を待つとか、
考えただけでも、不安過ぎる。

奄美地方は、台風が良く通るので、
あまり高層の建物がないらしい。

そういえば、テレビで見てる風景も、
平屋のような気がする。

家に帰れない子供達は、
ご飯どうしてるのかな、なんて思ってしまう。

ただ、これから、まだ降るらしい。。。
がんセンター看護師が結核発病、同僚ら検査

こういう感染症が、医療スタッフの中で発症しちゃうと、
もちろん患者側も、困るけれど、
それ以上に、医療側も、スタッフ不足になって、
困るよね~。

そして、やっぱり患者側も困ると...。

ん~、負のスパイラル~。
プロフェッショナル 仕事の流儀で、
呼吸器外科の先生が出ていた。

術中の映像がたくさんあって、
動いてる肺の映像を見て、
ほぉ、肺って、こうやって縮んだり、
ふくらんだりしてるんだ~と、素直に思った。

無くては生きていけない肺。

普段健康なときは、
肺があるという意識さえないけれど、
病気で苦しかったりすると、
急に臓器を意識するんだな、と思う。

自覚症状のない病気もあるけれど、
普段、生活している中で、
特別臓器の存在を意識していないで過ごせるということは、
ある意味、それなりに健康なんだ。

映像に映っている、苦しそうな患者さん達をみて、
そう思った。

ところで、出演されている先生、
患者さんが治ったときは、やっぱり目尻もゆるむんだなぁ。



プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。