無料レンタルサーバー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今は、テレビやラジオ、ネットに新聞、
すべてが、東北の地震ばかりだけれど、

関西では、阪神大震災が一番記憶に残る地震。


地震の後の光景が、今回の東北と全然違うなぁと思った。


110331a.jpg
当時、地震があって10日ほどして発売された写真集を開いてみる。

阪神大震災の時は、
とにかく、火災が多くて、

110331b.jpg


都市を直撃したため、ビルの倒壊が多くて、
さらに、鉄道や高速道路がめちゃくちゃになった。

110331c.jpg

110331d.jpg

なじみの阪急電車がこんなことになるなんて、
夢でもみてるんじゃないかと。

よく地下鉄が残ったなぁと思うほど。

110331f.jpg

あと数時間で通る予定だった線路、
ほんの少し地震が遅かったら、生きてなかったかもしれない。

110331e.jpg

あのころは、避難所っていう場所もいまひとつで、
テントがいっぱいだったなぁ。

そして、阪急、阪神沿線には、瓦の落ちた家に、
一面のブルーシート。
何年も残っていたのが記憶にある。

東北の場合は、津波によって、ブルーシートをかぶせる屋根さえも、流されてしまって、、、。

津波があるのとないのでは、かなり被害も違うんだと思った。

スポンサーサイト
1日2食、寝床は原発敷地廊下 作業員の様子公開

全ての作業員は免震重要棟と呼ばれる建物で寝泊まり。朝6時前に起床し、朝食として配られる非常用クラッカー約30枚と、野菜ジュースのパック(180ミリリットル)を取る。22日まで、一日分の水はペットボトル1本に入ったミネラルウオーター1.5リットル。物資が届いた23日からは、望めばもう1本もらえるようになった。

 朝食後は敷地内のそれぞれの持ち場へと散っていく作業員。放射性物質に汚染される恐れがあるため、敷地内に飲食物を持ち出すことはできない。昼食は抜きだ。

 日が暮れる午後5時ごろ、作業を終えて免震重要棟に人が集まってくる。被ばくの恐怖。一進一退の復旧作業。誰の顔にも疲れがにじむ。

 夕食は「マジックライス」と呼ばれる非常用乾燥米と、鶏肉や魚の缶詰1缶。ミネラルウオーターを沸かした湯を乾燥米のパックに入れて約15分、出来上がった夕食を作業員たちは黙々と食べる。「もう少しいいものがほしい」とこぼす作業員も。



これはひどい!今一番活躍しないといけない人たちに、食料の補給がないのは、どんな管理をしているんだか。
そりゃ現場の士気もおちるよねぇ。
補給がないと戦えないよ!

日本は、ロボット大国なんだから、
こういうときに物資や食料を運べる無人ロボットとか、
作れないんだろうか?
110329b.jpg

我が家は、東北の、しかも山形のお米がいっぱいある。
家で精米するので玄米で購入しているけど、
ほんとおいしいよ。

「つや姫」は、最近発売されたばかりらしく、
とっても白くて、冷えてもおいしいので、お気に入り。

お米だけでなく、たくさんおいしいものがある東北。

震災や原発に負けずに、これからもおいしいもの作ってほしい。
110329a.jpg
↑クリックすると大きくなります

寒いから、水もあまり飲みたくないかも。
とはいえ、むくむのも、膀胱炎も気をつけないと、
となると、妊婦さんは、大変だ。

できるだけ、公営住宅とか、受け入れ先が
早く決まって、普通の生活ができるようになってほしい。
都市ガス供給の停止状況(平成23年3月29日21時00分現在)(pdf)

こちらを見ると、なんとガスの復旧率が、9%だとか。
寒いのに、お風呂に入れないよね~。
大変だ。東北には、関西からもガス会社が応援に行って、復旧作業しているようで、
一つでも早くガスがつくようになるといいなぁ。
両陛下、「自主停電」お続けに

産経新聞 3月24日(木)21時35分配信

 天皇、皇后両陛下が、東日本大震災の被災地に思いをはせ、お住まいの皇居・御所の電気を一定時間使わない「自主停電」を続けられていることが分かった。「国民と困難を分かち合いたい」という趣旨で15日に始めたもので、宮内庁の羽毛田信吾長官らによると、陛下は「寒いのは(服を)着れば大丈夫」とおっしゃっているという。

 両陛下は計画停電で「第1グループ」に分類された地域の停電時間に合わせ、1回約2時間にわたり、明かりや暖房といった電気の使用を一切控え、時にはろうそくや懐中電灯を使いながら過ごされているという。暗い中で夕食を取られることもあったようだ。

 両陛下は、第1グループで停電が計画されたものの、実際には電力供給が逼(ひっ)迫(ぱく)せず、停電がなかった日も、当初の計画時間に合わせ、自主的な停電を実行された。15日から23日までは1日も欠かさずに行い、スケジュールに合わせて同じ日に朝晩2回、電気を止められた日も複数回あったという。宮内庁東宮職によると、皇太子ご一家も、同様の「自主停電」を、お住まいの東宮御所で行われているという。

 計画停電では、皇居のある東京都千代田区は対象地域になっていない。



なんと、天皇も自主停電とは。
寒いのに、お体壊さないようにしてほしい。

ところで、関西からみても停電は、
日々の生活のリズムも乱れるし、
いろいろストレスが溜まりそうだなと思う。

ずっと停電している被災地に比べたら、、、とは思うけれど、
これから暑い夏がきたら、、、と考えると、冬のようには我慢できないんじゃないかな~。

そういえば、昭和の頃は、母曰く、
しょっちゅう停電あったそうだ。

平成の今では、停電なんてほとんどなく、
あっても瞬電くらい。

ソーラー発電とか、あまり役に立たないのかなぁ?
復興計画 - 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで (中公新書(1808))復興計画 - 幕末・明治の大火から阪神・淡路大震災まで (中公新書(1808))
(2005/08/26)
越澤 明

商品詳細を見る


原発さえなければ、、、
もう復興の第一歩を歩けたかもしれない。

まだまだ、どうなるか、わからないし、
避難は続くし、物資は混乱しているし、
こんな時に、寒い日が続いて、
風邪やら、インフルが流行るし。

とはいえ、早く復興しないと、、、

そんな訳で、過去の復興を学んでみようと、
読み始めた本。

日本は、今までにいろんな自然災害にあい、
さらに戦災にあい、それでも、ここまで復興してきた。

昔の人は、どうやって、ここまで復興したんだろう。
夜、ニュースを見てたら、
NHKで、村長さんの電話中継で、
マスコミは、放射線の数値の高いところだけ報道して、
その後、田舎だからか、下がったとか報道しないので、
風評被害にあう。
みたいな意見をストレートに言ってた。

いつもマスコミは、最初だけ報道して、
その後どうなったかは、スルーしてしまう。

その他、もろもろマスコミの報道の仕方には、
うんざりするほど、文句があるだけに、
この村長さんのつっこみは、
みんなが思っていることかもしれない。

これからのマスコミの報道のありかたが問われている。
-------------------------------------------------
以下、村長さんの意見

サンプル調査について国や行政からの報告がない件について
水道なんかは飲んではいけないと夜の10時頃でて、
次の日までに、水を確保するのに四苦八苦してる状況です。

もうひとつは、情報の出し方と、あとのフォローに
非常に疑問をもっている。

毎日関東の方にも、浄水場の問題がでてますが、
NHKさんも含めて、昨日はこうだったけども、
今日はこういう風に下がりましたっていう風に、
発表してますよね。

私の所は、高いのを一回発表していただいただけで、
下がってるっていうことを、発表してもらってないんです。

いかがですか?

東京の都民はこれでも、私たちは地方だから、、ということになるんですかね?

ですから、いい?NHKさんも一番最初に、私の所が、
飲めないっていう発表をしたんですから、
ぜひ今は、80くらいになってるんですよね。

もう0歳児でもいいわけですから、
ぜひそういうのも、やはり地方であってもフォローしてもらいたい。
そんな風に思ってますよ。

-------------------------------------------------
パソコンで「ぎえんきん」と変換すると、
「義援金」と「義捐金」の両方がでてくるけれど、
どっちがほんと?

「義捐」(ぎえん)は明治時代につくられた和製漢語である。「義」は、国家・社会など、公のために力を尽くすの意であり、「捐」は、すてる、すてさるの意である。すなわち「義捐金」は、公のためにすてる金を意味する。一部で「義援金」という表記が見られるが、これは新聞協会による独自の基準で定めた代用表記である。(寄付-Wikipedia)



なるほど、義捐金が基本なのね。
知らなかったなぁ。

「捐(えん)」という字が、
「損(そん)」の字とそっくりなのも、
誤解のもとかな。


関西でも水品薄、メーカー増産したくてもできず 大阪の“水道水”に増産期待

サッポロ飲料は、委託工場で飲料水を生産しているが、すでに前年比で8割増産を行っている。ペットボトルやラベルをつくる取引企業も被災したため、さらなる増産は厳しいという。

 同様に日本コカ・コーラも全国7工場でフル生産に入った。しかし、山梨県の工場は計画停電の対象地域に入っており、「操業時間の短縮を余儀なくされ、思うように生産できない」(同社)という状態だ。また、サントリーホールディングスもすでにフル生産態勢に入っている。

 こうした中で、大阪市水道局は25日、水道水を加熱殺菌してペットボトルに入れた「ほんまや」(500ミリリットル100円)を委託工場で12万本増産に乗り出す。24日も問い合わせの電話が殺到し、同局総務課によると、「東京の方から『宅配してほしいという』という要望が多い」という。4月にも追加増産を検討する。

 通常の委託生産は年3回で22年度は23万本の予定だったが、増産により30万本を超えるのは確実という。



110325b.jpg

我が家にも、水道局の人からもらった「ほんまや」があるよ。

東京は、水騒ぎで大変だそうだけど、
まさか、こんなローカルな関西の水にスポットがあたるなんて。

今のところ関西の水は、大丈夫だから、
じゃんじゃん送ってあげて欲しいなぁ。
110325.jpg

今日は、電気記念日なんだとか。

電気記念日(でんききねんび)は、1887年(明治20年)3月25日から日本に家庭用の配電が始まったことに由来してできた記念日である。1927年(昭和2年)に日本電気協会が制定した。



当時は、まさか輪番停電するような日がくるなんて、思いも寄らなかっただろうけれど。

原発は、いつ落ち着くのか、
誰もわからないし、みんなだんだん疲れてくるよねぇ。

これさえ片が付けば、復興にも力はいるんだろうけれど、
なかなか、もどかしい気分。
タミフル6万人分を無償提供-震災対応で中外

中外製薬は3月23日、東日本大震災の被災地域を中心に、約6万人分のインフルエンザ治療薬タミフルを無償提供すると発表した。同社の広報担当者によると、避難所でのインフルエンザの発生状況については、「詳細な把握はできていないものの、厚生労働省に寄せられた避難所からの報告などから、流行の兆しが見受けられる」という。

 タミフルをめぐっては、「新型インフルエンザ対策行動計画」に基づく目的以外での使用や譲渡ができない都道府県備蓄分について、被災者の感染予防や治療に使用したいとの厚労省からの要望に同社が同意。厚労省は18日、避難所生活をしている被災者のインフルエンザの予防や治療に限り、備蓄分を使用できるとの事務連絡を出している。無償提供分は、使用された備蓄分の埋め合わせに用いられる。
 被害が大きかった3県の2月末時点でのタミフル備蓄量は、岩手県が21万人分、宮城県が36万人分、福島県が38万人分。



もうすぐ4月だというのに、真冬並の寒さ。
関西でもこの寒さなのだから、
東北だと、どれほど寒いか、、、
しかも、暖房できないんだよね、、、。

インフルだけじゃなく、風邪も流行りそう。

あ~、早く暖かくなってほしい。

インフルの予防接種も追加接種してみてもいいかもね。
設備復旧期待-東電の計画停電

東京電力は23日、東日本大震災による電力供給能力低下に伴う計画停電について、24日も午前の第2、第3、第4グループの実施を見送ると発表した。午後に可能性のあった第2、第3両グループの追加停電も見合わせる。電気の使用量が増える夕方の気温が23日より高めと予想され、被災した火力発電設備の復旧も期待できるため、午後の早い時間帯までは不安がないと判断した。



(無)計画停電も、そろそろ疲れてきた頃かも。
関東の人たちは、通勤だけでも大変なのに、
家に帰ってきても、電気つかないとねぇ。

とりあえず、停電時間が減る見込みなのは、
火力発電の復旧らしいけれど、
夏までに、なにか工夫しないと、
去年のような、猛暑だったら、ほんとに死人がでるよ。
三陸海岸大津波 (文春文庫)三陸海岸大津波 (文春文庫)
(2004/03/12)
吉村 昭

商品詳細を見る


今回の地震を見て、思わず購入してしまった本。
歴史は繰り返すのかしらん。

当時と、今と比べながら読む。

少し前には、

関東大震災 (文春文庫)関東大震災 (文春文庫)
(2004/08)
吉村 昭

商品詳細を見る


こちらを読んでいたのだけれど、
関東大震災は、火災がすごい。
阪神間の工場撤退表明の食品各社、一転増産へ

産経新聞 3月19日(土)21時32分配信

 アサヒビールなど食品大手が東日本大震災で被災した東北・関東圏の工場の生産分を補おうと、今夏以降に撤退を表明している阪神間の工場で増産に乗り出している。災害リスクを軽減するためには工場の分散化が不可欠で、震災をきっかけに関西での生産の重要性が高まるとともに、予定されている“関西撤退”を再検討する動きも今後出てきそうだ。

 食品大手は昨秋以降、阪神間からの工場撤退を相次ぎ発表。アサヒビールは西宮工場(西宮市)のビール製造部門(約10万2千平方メートル)を今年8月で閉鎖。雪印メグミルクグループ、森永製菓は平成25年に関東圏に新工場が完成するのにあわせ、雪印は関西チーズ工場(伊丹市、約2万2千平方メートル)、森永は塚口工場(尼崎市、約8万8千平方メートル)の撤退を決めていた。

 しかし、東日本大震災の被害でアサヒビールは、福島県と茨城県の工場が操業停止し、需給が逼迫(ひっぱく)。このため、西宮を含む全国6工場をフル稼働している。

 西宮工場の撤退方針について「是非を検討できる段階ではない」というが、夏場に向け「(西宮の)操業を続けなければならないかも」(幹部)と話す。

 宮城、茨城県などの3工場が被災した雪印は「現時点で関西チーズ工場の閉鎖計画に変更はない」(担当者)と説明した上で、「万一違うことになればその段階で公表したい」と見直しの可能性を示唆した。

 森永製菓はチョコボールなどを生産する栃木県の工場が操業停止した。「工場ごとに生産品目が違うので代替できない。今のところ塚口工場の計画に変更はない」と話すが、工場の復旧には2週間以上かかる見込みで、今後の対応が注目されている。

 各社が発表した撤退計画によると、アサヒビールは西宮分の生産を大阪府吹田市の工場に集約。雪印は茨城県に、森永製菓は群馬県にそれぞれ建設する新工場に、関西の工場分の生産を移す方針だ。

 有沢正一・岩井証券イワイ・リサーチセンター長は「工場分散化の重要性が見直され、再び関西に生産拠点が戻ってくる可能性はある」と分析する



これから西日本は、フル稼働かもしれないね~。

なんでも東日本に集中とか一点集中というのは、いざというときに困るかも。

やはりリスクは分散した方がよさそう。

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。