無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぜんそく薬「きちんと服用」半数=理解不十分、認識にギャップも-患者と医師の調査

ぜんそく薬「きちんと服用」半数=理解不十分、認識にギャップも-患者と医師の調査

4月30日5時20分配信 時事通信

 ぜんそく治療の吸入ステロイド薬をきちんと服用している患者は約半数にとどまることが、大田健帝京大教授とアストラゼネカ社の大規模実態調査で分かった。背景に、病態に対する認識不足が浮かび上がった。
 調査は昨年7月から10月にかけて、ぜんそく治療に従事する全国の医師とその患者を対象に実施、有効回答数は医師約4800人、患者約2万4000人。医師のうち日本アレルギー学会、日本呼吸器学会の会員はともに1割台で、専門医でない人が大半だった。
 患者の吸入ステロイド薬の服薬状況は、「順守」47.0%、「まれに」「時々」忘れる人が44.7%。「あまり守っていない」も8.3%いた。
 症状がよくコントロールできているのは約半数。服薬を守っていない人や時々忘れる人では、コントロール不十分の割合が高かった。
 服薬順守できない理由は「発作が始まったら吸入すればよいと思った」が50.3%で最多、次いで「毎日服薬するのが面倒」(40.1%)だった。
 ぜんそくの病態について「気管支が狭くなる」は医師、患者とも8割以上が正しく認識していたが、「気道の炎症が原因」は医師90.1%、患者44.3%、「気道が過敏になるのが原因」は医師75.2%、患者44.1%と理解にギャップがあった。
 病態の説明に関しても、医師は98.2%が「説明している」と答えたのに対し、「説明してくれた」と答えた患者は75.5%にとどまった。 




「きちんと服用」

喘息の薬だけでなく、風邪薬でさえ、「きちんと服用」って、100%守るのは意外に大変。

そしてきちんと理解してというのも、
なかなか素人は大事なところを聞いてなかったりもするし。

ところで、薬って、たいてい食後が多いけれど、
うっかり、アルコール摂った後というのは、
危険だな~と。

これから、暑くなる季節、
ついつい冷たいアルコール飲んじゃうから、
注意注意♪
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。