無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬の捨て方

病院で処方された薬は、たいてい最後まで飲むけれど、
市販の薬などは、ほとんど残ってしまう。

しばらくすると、買っていたのを忘れて、
また、同じもの買ったりして...。

ふとしたときに、出てきて、その時は、もう期限切れだったり。

ところで、ちゃんとした薬の捨て方って?

と、思って、ネットを徘徊していたら、

薬の捨て方

薬の捨て方の基本は、容器と薬を分けて捨てることです。薬の成分は燃やして、容器は可燃または不燃ごみになります。
なお、可燃ごみと、不燃ごみなどの区分は、自治体で定められる方法に従ってください。

■錠剤やカプセル剤について
錠剤やカプセル剤は、容器から取り出して可燃ごみとして捨てます。なるべく紙や袋で包んで捨てるようにしましょう。

■軟膏・クリームについて
不要な紙やちり紙などによく中身を絞り出して、丸めて可燃ごみとして捨てます。容器は、材質(金属、プラスチックなど)によって分別して捨ててください。

■液体の薬について(目薬、飲み薬など)
なるべく紙に吸収させたり、燃やして良いビニールに入れて可燃ごみとして捨ててください。油を捨てるときのような感じです。

液体の薬の場合は、大量の水とともに下水に流すという方法も言われていますが、最初にお話しましたように、医薬品による河川の汚染が問題になっています(特にアセトアミノフェンという解熱鎮痛薬や抗生剤など)。

■スプレー錠の薬について(エアロゾル、噴霧剤など)
中身を出してから捨ててください。中身を出す時は、火気のないところや、側に子供などいないかどうか気をつけて、なるべく外や換気の良いところで行ってください。

■貼り薬について(シップ、ハップ剤など)
シップ自体は、可燃ごみとして捨ててください。シップについているビニールや、シップが入っている袋には、プラスチックかどうか印字されていると思いますので、それに従ってください。

■容器について
ガラスビンやプラスチック容器、プラスチックとアルミのシート(押すと薬がプチっと出てくるシート状のもの:PTPシート)から薬を取り出します。ラベルをはがして容器をゆすぐなど、住んでいる自治体の捨て方に従って捨ててください。



ゴミの分別って、最近は細かいけれど、
案外薬の分別って、知らないかも。

っていうか、薬の回収っていうのはないんだな~。

ちなみに、自分の自治体では、

薬(粉薬、錠剤で、服用する必要がなくなり余った場合)
→普通ゴミ 袋・容器ごと袋に入れて、出す。

薬の外箱包装フィルム
→容器包装プラスチックごみとして出す。

薬の容器(びん・ガラス製)
→資源ごみ 有害な薬品のびんについては普通ごみへ

あやしそうな薬は、普通ごみとして出して、
焼却してもらうのがよさそうだ。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。