無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ臓器提供は、ハードルが高い

臓器移植のニュースを見て、、、

臓器移植には、
脳死判定や、臓器提供を行う医療現場など、
たくさんの医療スタッフが必要だとか。

地方の県立病院などで、医師などのひとチームが止まれば、
医療ができなくなるんだとか。

脳死判定を行う場合、通常の診療に支障がでないように、
国や学会が医療スタッフを派遣するなどの支援の強化、
家族の心のケアなどが必要なんだそうだ。

たとえ、本人が意思表示をしていても、
家族が後々、提供して良かったか悩むケースもあるという。

自分の意志は自分で決められるけれど、
残された家族が、それに対して、どう思うか、、、って、
難しいなぁ。

私自身は自分の臓器を提供するのは、いいけど、
残された家族は、、、と思うと、
まだまだ臓器提供は、ハードルが高い。

脳死下と心停止後の臓器提供の違い

心停止後の腎臓提供は昭和54年から行われてきました。
脳死下での心臓・肝臓・肺・腎臓・膵臓・小腸・眼球の提供は平成9年10月16日に「臓器移植法」が施行されて可能となりました。
脳死とは、全脳の機能が停止して、元には戻らない状態をいいます。
脳死になると、人工呼吸器をつけていても、数日後には心臓が停止します。
脳死からの臓器摘出は、人工呼吸器によってまだ心臓が動いている状態のとき病室でご家族にお別れしていただき、手術室へ運ばれ、摘出が行われます。
心停止後の摘出は、心臓が止まって、病室でお医者さんから「ご臨終です」と告げられてから手術室へ移しての摘出となります。しかし、腎臓・膵臓の移植の場合、心臓が止まって時間が経過すると各臓器への血流が途絶え、急速に機能が衰えて、移植しても臓器が機能しない場合があります。せっかくご提供いただく腎臓等の機能を確保するため、心停止する前から準備をする必要があります。
どちらの場合も医師から「脳死である可能性が強く、回復の見込みはない」と説明があった時点で、主治医にカードを持っていることを伝えるか、提供の意思があることを伝えて、主治医からネットワークに連絡してもらってください。



臓器提供とは、、、脳死とは、、、
基本的なことさえ、知らないことが多い。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。