無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポリオの話

ワクチン接種の1歳女児、ポリオに感染

神奈川県藤沢市保健所は17日、経口生ポリオワクチンを接種した市内の女児(1)がポリオに感染したと発表した。
 女児は5月14日の接種後、左腕にまひなどの症状が表れ、リハビリを受けているが、完全に回復するか不明という。
 厚生労働省によると、生ワクチン接種による感染は1999年以降、二次感染も含めて5例目。ポリオワクチンをめぐっては、まひの起きない不活化ワクチンの開発が進んでいる。

 同保健所によると、女児が感染したウイルスは国立感染症研究所がワクチン由来と確認。国内の予防接種で使われる生ワクチンは毒性の弱いウイルスが使われ、約486万回の接種で1人程度、まひが生じることがあるとされる。
(2010年9月17日20時35分 読売新聞)



誰が医療を守るのか―「崩壊」の現場とポリオの記録から誰が医療を守るのか―「崩壊」の現場とポリオの記録から
(2010/07)
真々田 弘

商品詳細を見る


ちょうど、この本にも、1960年代、ソ連から輸入してはじまった、ポリオ生ワクチンの話が載っていた。

この時代は、まだワクチンがなくて、大流行していたそうだけど、生ワクチンのおかげで、劇的に減ったそうだ。

ただ、それから50年も経った今、生ワクチンの2次感染などのリスクが問題になって、不活化ワクチンが望まれているようで。

月日がたつと、いろいろ変わるのだし、そろそろワクチンの転換期?
ちなみに、「日本では、1980年に自然感染によるポリオが根絶され、現在ではポリオワクチンからの2次感染でしか発症していない」そうだ。(急性灰白髄炎 - Wikipedia)
世界でも、ポリオ根絶最終段階なんだそう。(今は、インド、パキスタン、アフガニスタン、ナイジェリアに発生しているとか)

それにしても、ポリオワクチンが始まってから生まれてよかったと、この本を読んで思った。
と、同時に、厚生省は、この頃から後手後手?の様子。

そういえば、母親が、「ペットボトルの蓋を集めてポリオのワクチン購入資金になるらしい」と言っていたけれど、調べてみると、キャップが何百個で、たった一人分20円のワクチンが買えるとか。
運搬費や人件費を考えると、20円寄付する方が、早いんじゃないかと思う。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。