無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全性高いポリオ不活化ワクチン 自費でも接種の保護者増加

安全性高いポリオ不活化ワクチン 自費でも接種の保護者増加

◆国産は開発中

 ポリオは予防接種法で市町村が実施する定期接種の対象疾病の一つ。日本では昭和38年から生後3~90カ月の乳幼児に2回、生ワクチンを経口で接種させる方法を取ってきた。

 生ワクチンはウイルスの毒性を弱めて作る。予防効果は高いが、接種した本人にまひ症状が出たり、他人に移したりする危険性がある。WHO(世界保健機関)は、生ワクチンでは100万人に2~4人のポリオ患者が発生すると警告している。

 一方、不活化ワクチンはウイルスから毒性を取り除いて作り、接種によるポリオ発症や二次感染はない。安全性の高さから、日本を除く先進国では不活化ワクチンが使われている。

 日本でも平成14年、厚労省が不活化ワクチンへの切り替えを決めた。国内メーカーも単剤の不活化ワクチンの開発をしていたが失敗。現在は4種混合での開発を進めているが、厚労省によるとメーカーからの申請が出るのは来年末ぐらいという。

 このため、現在集団接種で使えるのは生ワクチンだけで、副反応や二次感染の患者が毎年報告されている。今年も2月に神戸市、9月には神奈川県藤沢市で、接種した子供のポリオ発症が届け出られている。患者団体「ポリオの会」(小山万里子代表)によると、5月に山口県の30代の父親が子供からの二次感染で両足と手にまひ症状が出て、現在も入院治療を続けているという。

 ◆特例措置で使用を

 たからぎ医院(東京都渋谷区)は今年5月から不活化ワクチンを個人輸入し、希望者への接種を始めた。3回接種の費用1万3500円は患者の自費だが、毎月100~150人が接種に訪れる。宝樹真理(しんり)院長は「副反応の確率が低いとはいえ、発症すれば一生病気に苦しむことになり、安全性から不活化ワクチンを望む親は増えている。海外で実績のある不活化ワクチンがあるのだから、希望する親には生ワクチンと同様に無料で提供する体制を整えるべきだ」と指摘する。



ずっと言われている生ワクチンのこと。
なかなか進まないんだね~。


「不活化ポリオワクチン地図と各国のワクチンスケジュール」

こちらの地図を見ると、確かに、アメリカ、ロシア、ヨーロッパは、不活化ポリオワクチンで、
中国やインド、シンガポールなどでも、不活化へと切り替え中なのに、日本は、生ワクチンなんだ。


こりゃ日本も頑張って国産のワクチン開発してくれなきゃ~!

ところで、海外でワクチンの開発が進んでいるのは、やっぱり医療費が高いからなのかしら?
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。