無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災とメガネ

震災の時、着の身着のまま避難していた
コンタクトユーザーは、どれだけいたんだろう?
そういう人は、避難中コンタクトをどうしたんだろう?

自分だったら、間違いなく、翌日から、
0.0xの視力で生活しなきゃいけない。

隣の人の顔さえよく見えず、
きっと貼り紙さえ見えず、すっごく困ってたと思う。

普段コンタクトに頼って生活している私たちは、
やっぱりメガネを準備しておかなきゃいけないなと。

例えば、
1.寝る前に枕元にメガネ。
2.買い物や通勤も、なるべくバックにメガネ。
3.旅行にもメガネを携帯する。

1の枕元にメガネは、寝る前はたいてい読書するので、
常に枕元にあるのでok

2.は、全然やってなかったので、反省。

3.は、お泊まりするときは、必ず持っていくのでok。

やはりちょっとしたお出かけの時、
持っていってないことが多い。

これからは、財布、携帯、メガネの3点セットにしなきゃ。

ぼろメガネでも、見えるなら、ないよりは、格段にまし。
古いメガネも捨てないで非常時用としておいておこう。

さらに、仕事中は別として、
それ以外は、メガネにするというものいいかな。
帰宅後は、だらだらコンタクトしているより、
すぐはずして、メガネをつけている時間を増やすと、
出かけるとき、忘れないし(笑)

コンタクトの予備を持っているけれど、
断水になって手を洗えない状態だと、
役に立たないなぁと思う。

そうなると、汚れた手でもつけられるメガネって、
心強い。

あ、忘れてたけど、災害で、コンタクトの配送が止まっちゃうことだってあり得るよね。
もしくは、眼科やショップが被災したり。

コンタクトは、ずっと何日も装着できず、
いつかははずして、洗うか捨てるしかないけど、
メガネなら、割れない限り、起きている間は、
ずっと装着可能だ。

コンタクトユーザーでも、メガネを作ってない人もいるそうだけど、
さすがにそれは、恐ろしい。
災害にあわなくても、病気になったり、
入院したりしたら困るもん。

もうメガネは、体の一部と同じだなぁ。

着の身着のままとはいえ、視力が悪いコンタクトユーザーは、
全くの着の身着のままだと、生きていけないなぁと思った。

そう思うと、高齢で、いろいろ体の具合が悪い方は、
想像以上に不便な生活ではないかと思う。


関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。