無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蒸し暑い、、、

台風の後、ずっっと、蒸し暑い。
カンカン照りもつらいけど、
このじっとり蒸し暑いのも、かなり辛い。

毎日湿度が70%前後って、梅雨みたいだ。

蒸し暑いのも、汗をかいても、
熱が放出されないから、
(汗が気化しない)
熱中症に注意なんだそうだ。

たしかに、じっとり汗かいたら、
なんだか、しんどさも増すような気がするし。

宮城 避難所で熱中症相次ぐ

宮城県内の被災地では、屋外でのがれきの撤去作業などで熱中症になる人が増えていて、石巻赤十字病院では、先月から7月27日までに、69人が運ばれ、去年のおよそ3倍に上っています。NHKが病院などに取材したところ、屋外で作業する人だけでなく、被災地の避難所や仮設住宅でも高齢者など少なくとも6人が病院に運ばれ、熱中症と診断されていたことが初めて分かりました。このうち、石巻市の避難所で暮らす84歳の女性は、気温が35度6分まで上がった今月10日に気分が悪いと訴えて病院に運ばれ、熱中症と診断されました。女性が避難している小学校の教室には、扇風機が2台しかなく、当日は強い日ざしで教室の中がとても暑かったということです。また、南三陸町の仮設住宅で暮らす68歳の男性は、屋外でがれきの撤去をした翌日の今月15日に自宅で意識がもうろうとなり、病院に運ばれました。避難所の体育館や学校の教室では、扇風機などで暑さをしのいでいるところがほとんどで、仮設住宅でも電気代を抑えようと、エアコンの温度を高めに設定している高齢者などが少なくないのが実情です。



義捐金でクーラーくらいつけて、電気代払ってあげたらいいのに、
気が利かないね!

西日本で節電して浮いたお金で、
クーラー代払ってあげてもいいのにねぇ。

せめてこの夏くらいは、東電も被災地の仮設や避難所から
電気代徴収するのをやめてもいいんじゃないの?
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。