無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の知られざるワースト1

大阪の知られざるワースト1…結核、府も市も

大阪府内の人口10万人あたりの結核発症者数(罹患(りかん)率)が、20年連続で都道府県ワースト1になることが確実になった。

 2010年の結果は今月下旬に示されるが、大幅な改善がなかったため。特に発症者が目立つ大阪市は40年連続で政令市ワースト1の見通しとなり、今年度から10年間で半減を目指す対策を始めた。和歌山、兵庫両県など近畿各県もワースト10に入る年が多く、広域での対策の必要性も指摘される。

 財団法人「結核予防会結核研究所」によると、府のワースト1は、1991年に香川県を抜いて以来。それ以前は九州や四国の各県が上回ることが多かった。

 09年の都道府県別罹患率は、府が31・5人で、2位の東京都(25人)、3位の愛知県(22・4人)を大きく上回った。近畿地方では、和歌山(22・3人)、兵庫(22人)、京都(21・7人)、奈良(21・3人)の各府県もそれぞれワースト4、6、8、10位に入った。

 10年の数値を集計中の大阪府は「30人を少し切るくらいになりそうだ」としており、「前年よりは減少の見込み」とする東京都と順位の逆転はない見通し。

 都市部で発症者が目立つのは、検診が受けられなかったり、発症しても受診が遅れたりする社会的弱者が多く、感染が拡大する傾向があるからだという。



「特に発症者が目立つ大阪市は40年連続で政令市ワースト1の見通し」
なんて、悲しい、、、

「検診が受けられなかったり、発症しても受診が遅れたりする社会的弱者が多く」
とあるけれど、検診は無料だし、これって、宣伝不足だと思う。

会社に勤めているような人は、
定期的にX線を撮るけれど、
たとえば、バイト生活だったり、
日雇いだったり、フリーターだったり、
そういう人が、定期的に受診できるような、
システムがないんだろうけれど。

まぁ、検査して、何かうつってたら、
それはそれで、いやだけれど、、、
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。