無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射性物質への不安につけこむ広告や勧誘にご注意を!

放射性物質への不安につけこむ広告や勧誘にご注意を!

2011年3月11日に発生した東日本大震災により生じた原発事故以降、3カ月間で震災関連の“放射能”に関する相談が、全国の消費生活相談窓口に2,140件寄せられている。

 依然として、野菜、お茶等の食品や水の安全性に関する相談が多いが、中には、放射性物質への不安を抱く消費者に対して、「体内被ばくに効果がある」「放射性物質を完璧に除去可能」「チェルノブイリ原発事故の際に使われた商品」等とうたう広告や勧誘によるトラブルもみられる。

 すでに、薬事法違反で逮捕されたケース(注1)や、業者の口座が凍結され、法律(注2)に基づく手続きが開始されたケース(注3)もあるが、震災2カ月後以降、広告や販売方法に関するトラブルが多数みられる。引き続き、放射性物質等に関するニュースが報道されており、現在、相談が集中している東北、関東地域だけでなく全国的に同種トラブルが発生する可能性もある。



人の不幸につけ込んでという手口は、
ほんとつきないねぇ。

上位商品の中には、やっぱりミネラルウォーターがダントツ。

根拠もないのに「放射性物質の除去可能」等とうたう広告や勧誘がみられる
(1)「体内被ばくを防ぐ」「放射性物質の除去が可能」等とうたっていても、根拠となるデータが示されてない場合が多い。
(2)データが示されていても、商品そのものを試験した結果ではなく、部分的なデータを示しているにすぎない場合が見られる。例えば、一部の含有成分に関するデータを用いて、商品としての効果をうたっていたり、たった1度の試験結果を用いて継続的な効果をうたう等である。
(3)健康食品は医薬品のように効果・効能が確認されているものではない。また、医薬品でないものについて、「体内に入った放射性物質を排出する」等の広告・表示をすることは、薬事法等に違反する可能性があるにもかかわらず、「放射性物質の除去」をうたう広告がみられる。
(4)浄水器における放射性物質に関する除去性能について示したデータ等がみられるが、日本では、そもそも水道水に放射性ヨウ素等の放射性物質が混入しているという前提がなく、試験方法が確立してない。浄水器の継続的な放射性物質に関する除去性能等は、いまだ各専門機関や業界団体等が調査中であるが、「放射性物質を完璧に除去する」等とうたう浄水器の広告がみられる



普段問題になっている、
健康食品のたぐいと、手口は同じだけれど、
とにかく、未知の世界、放射能というだけあって、
ついつい洗脳されちゃうのかも、、、

皆様気をつけましょう。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。