無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

掃除とストレス

「もやもや」解消にも掃除が効く!


やる前は気が重くても、やってしまえば部屋もこころもスッキリするのが、掃除。精神科医で赤坂クリニック理事長の貝谷久宣医師は、うつなどの患者に掃除を薦めているという。

 「現代人はこころと体の使い方のバランスがうまくとれていないことが多い。そのアンバランスを修正してくれる方法の一つが、掃除です」

 貝谷医師によると、掃除には次のようなメリットがあるという。まず第一に体を動かすこと。気持ちが落ちこむと、体を動かすのもおっくうになり、家にこもりがち。するとまたあれこれ考えたり、くよくよしたり……。掃除は、そんな悪循環を断つ一種のエクササイズ。しかもいつでも手軽に始められる。

 そして、掃除をするという行為に集中していると、自然と頭の中のゴタゴタが消え、無心になれる。「過去の悔いも未来への不安もどこかに消え、まさに『今に生きる』状態。このような無心になれる時間を持つことは、こころの健康にとって非常に重要」と貝谷医師。

 篠原教授もこういう。「例えばぞうきんでふくという反復動作をひたすら続けていると、気分を調整する作用があるセロトニンが増えてくる。すると脳の中が鎮静化し、ストレスも減る」

 また、汚かった部屋がきれいになると、当然、気分もスッキリする。「きれいにした!」という満足感や達成感も得られて前向きな気分に。家族や周囲の人から感謝され、人間関係も良くなる。「実際、掃除を毎日するようになると、患者さんの顔つきが変わってきます。表情が明るくなり、周囲に対し『ありがとう』という言葉も出てくる。精神療法としての効果も高いです」(貝谷医師)。



これは確かに効果ある。
ストレス溜まったら、無心にできることがあると、
ちょっとすっきりする。
最近、ストレス溜まりまくってるので、
たまった紙袋や雑誌を大量に捨てたり、
押入の使わなくなった布団を捨てた。

そんでもって、玄関周りのごちゃごちゃしたものをすっきり片づけた。

読まなくなった本を図書館に寄贈した。

これだけでもちょっとすっきり。

で、まだまだストレス発散できないので、
次は、いらない衣料とか食器を片づけようと、、、

掃除だけでなく、料理も案外ストレス発散になる。
まぁ、後かたづけはしんどいけど、
無心にキャベツを千切りしてみたり、
グリルでじっくり焼き加減をみたり、
ハンバーグを無心にこねてみたり。

包丁を使ったり、手を動かすと言うのは、
物事に集中できるからいいんだろうなあ。

あ、そうそう草むしりとかも案外いいのかな。

昔の商売人や、お寺の人って、
よく掃除しているけれど、ただきれいにしているだけでなく、
無心になれて、精神が安定するのかもしれない。

せっかくストレス発散するなら、
掃除や料理は発散したあとも、部屋がきれいになったり、
おいしいもの食べられるからおすすめ。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。