無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話恐怖症

上司からの着信で心身を病む「電話恐怖症」が爆発的に増加中

「どうしてメールで済ませるんだ! 電話をしろ!」――上司からのぼやきも聞こえてくる時代だが、通話より時間が短縮できるという理由ではなく、通話自体を恐れてメールに頼る若者が増えているという。ビジネス現場の携帯電話やメール使用に詳しいアイ・コミュニケーション代表取締役の平野友朗氏が語る。

「約束の時間に遅刻してしまう場合でも、電話ではなくメールで連絡を済ませる若手社員の方が増えています。上司から怒られるのがわかっているから電話することができず、メールという便利なツールに逃げ込んでいるんです。メールでも伝われば同じじゃないかと開き直る人までいます」

上司への連絡ならまだしも、お客様や取引先への謝罪をメールで済ませてさらに大きな問題に発展するケースも少なくない。

電話に出られる状況でもあえて出ずに、留守電で用件を確認し、心の準備をしてから折り返す人もいる。

「電話が嫌いな人は、下手なことをいいたくないから、情報を頭の中で整理したうえで応答したいと思っているのではないでしょうか。電話というのは立場が下の人が相手に合わせるというのが普通なのですが、最近はどうやら立場が下の人でも主導権は渡したくないという気持ちが強いようです」(平野氏)

精神科医の浅川雅晴・浅川クリニック院長は、子供の頃からTVゲームに没頭してコミュニケーションに欠陥がある若者が、上司からの着信に追い詰められて心身を病む「電話恐怖症」の増加を指摘する。

「上司から頻繁にかかってくる電話に頭を悩ませ、うつや動悸・頭痛・吐き気・多汗などの心身症を発症する人が増えています。着信音に恐怖を感じる人も多く、聴覚過敏や幻聴に陥ることもあります。携帯が普及して15年近くになりますが、5年、10年の長い時間をかけて今、爆発的に症例が増えているのです」

また、上司からの電話を取り損なうことを恐れるあまり、マナーモードにしてポケットに入れた携帯が、着信していないのに振動していると錯覚する人もいる。これは幻想振動症候群(phantom vibration syndrome)といわれるもので、携帯の着信に対する過剰意識が生み出したもの。何かが太腿に触れただけで、脳が携帯のバイブと誤認してしまうという。

電話の取り逃しを防ぐために、歩行中は必ず携帯を手に持つという人もいる。「トイレの個室の中でも上司の電話に応対する同僚を見て心配になった」(30代・金融)と、必死に食らいつく若者もいるようだ。

※週刊ポスト2011年11月18日号



仕事をしている人なら、みんな電話恐怖症ではないかと思う。
たいていいやな問い合わせや苦情が多いから。
うれしい電話なんて、仕事では年に1度あるかないかだと思うなぁ。

最近は、大人な話ができない上司も増えて。
感情丸出しで野獣じゃないの?みたいな。

そりゃ嫌われるわなぁ。

でも、その前に、休むのに電話さえしない若手社員もいるくらいだから、
びっくりする。これは、返って怒られる原因を作っている。
そういうケースもあるんじゃないかなと。

社会常識が欠落している?
関連記事

コメント

最近は、離婚の承諾もメールが増えているみたいです^^;

“野獣”、笑いました。自己主張する人が増えたのはいいのか悪いのかわかりませんが、ホント、野獣丸出しじゃあねえ。。。

ええ!それはすごい。
まぁ、昔ならメールでなくいきなり離婚届が送られそうかも?

最近、野獣系か、ネチネチ系が多いかもしれないですw

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。