無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津波の避難方法

120102b.jpg

昨日今日と、ちょっとお天気が不安定だったけど、
初詣に出かけた。
たまたま、ぱぁっと晴れ渡った時間だったのでラッキー。

大晦日と元旦は人が多いけれど、
その日をはずせば、人もまばらで、
ゆったりお参り。

三陸海岸大津波 (文春文庫)三陸海岸大津波 (文春文庫)
(2004/03/12)
吉村 昭

商品詳細を見る


正月休みに、またこの本を読み返していて、
昭和8年の津波のときに県庁から一般に配布されたパンフレットに、
次のような心得があったという。


「地震津波の心得」
一、緩慢な長い大揺れの地震があったら、津波のくるおそれがあるので、少なくとも1時間位は辛抱して気をつけよ。
一、遠雷或は大砲の如き音がしたら、津波のくるおそれがある。
一、津波は激しい干き潮をもって始まるを通例とするから、潮の動きに注意せよ。

避難方法として、
一、家財には目をくれず、高い所へ身一つでのがれよ。
一、もし船に乗っていて岸から2,3百メートルはなれていたら、むしろ沖へ逃げた方が安全である。



そのまんま、今でも教訓として使えそうだと思う。
避難方法については、津波警報といしょに、伝えてくれてもよさそうなのに、、、と思った。

昭和8年と、現代で違うのは、
いかに逃げる時間を稼げるか、、、じゃないかな。
ラジオもテレビもネットも携帯もあるのだから、、、。

津波は逃げるが勝ち。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。