無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療機関、屋内全面禁煙に

医療機関、屋内全面禁煙に=対策なしは診療報酬減―厚労省

時事通信 1月30日(月)12時20分配信
 厚生労働省は30日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)で、子供や生活習慣病、呼吸器疾患などを抱える患者らの受動喫煙対策として、医療機関の屋内を原則全面禁煙とする方針を示した。小児科、内科、呼吸器科などがある医療機関を対象に、治療や入院の対価として受け取る診療報酬の施設基準に「屋内全面禁煙」を追加。対策を講じない場合は入院基本料などの報酬を減額する。
 中医協の了承を得て、2012年度診療報酬改定に合わせて実施するが、多くの医療機関が対象となる見通しのため、一定の経過措置を設ける方針だ。 



それはいい!でも、報酬を減額するっていうのは、どうよ?
だいたい、入院していても吸う人は、中毒なんだし、
本人が悪いのに、、、、

駅でもホームは禁煙なのに、隅の方でひっそり吸ってる人っているよね。
あれ、どうにかならないかしらん。
吸っていたあと、車両に乗られたら、臭くてたまらん、、、
関連記事

コメント

No title

診療報酬の減額は、あくまでも「対策を講じない場合」に、ですよね。
喫煙スペースを撤去しないとか、屋内全面禁煙の表示を職員や患者に分かり易い所に表示しない、とかだと減額されるんじゃないでしょうか。

駅が禁煙なのにコッソリ喫煙する人がいても、それは駅が悪いんじゃなくて喫煙者が悪いのと一緒で、病院が禁煙になったのにコッソリ喫煙する人がいても、病院側が黙認しない限りは診療報酬は減額されないのではないかと思いますが。

自分は全ての医療機関を対象とせず、「小児科、内科、呼吸器科などがある医療機関」限定にすること自体が不思議で仕方ありません。
例えば、狭い眼科の診療所で一人でも喫煙する人がいたら、周りにいる人は受動喫煙させられる上に、煙が目にしみてますます目に悪いと思いませんか?

No title

コメントありがとうございます。
なるほど、要は、病院側が禁煙をきちんとアピールできているか、なのかもしれません。
吸いたい人は、どこでも吸いたいんでしょうね。
たとえ、そこが病院であっても、、、

ただ、医療スタッフだって、喫煙者がいると、どこで吸うんだろう?(笑)
やっぱり屋上かしらん?

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。