無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麻疹

朝食後、どんどん暗くなってきて、
外は、ものすごい大雨。

やっと雨が上がったので、洗濯機を回して、
終わったら、夜

まぁ、明日は日曜なので、今日中に乾かなくてもいいんだけど、
よく降ったなぁ。

はしか排除難しく、予防指針見直しへ

現行の予防指針では、12年度までの時限措置として、中学1年(第3期)と高校3年(第4期)相当の年齢の人をワクチン定期接種の対象に加え、接種率95%以上との目標を定めている。しかし、10年度は第3期が87.2%、第4期が78.8%と、いずれも下回っている。
 岡部信彦委員(国立感染症研究所感染症情報センター長)はこの日の会合で、時限措置の導入時、接種率が9割を超えれば、中学生から大学生くらいまでの年代での大きな流行を避けられると期待していたと振り返った。その上で、時限措置の間に接種を受けなかった人への経過措置の検討を、小委員会に求めた。
 また、厚労省は現在、はしかと診断された患者の遺伝子検査の徹底を図っているが、小澤邦寿委員(群馬県衛生研究所長)は、特に病院勤務医への周知が十分でないと指摘。保坂シゲリ委員(日本医師会常任理事)も同調し、特に内科系の勤務医への周知が課題だと述べた。

■日本ははしか「輸入国」に

 12年度までのはしか排除が難しいとされる中、この日の会合では、現行の予防指針に基づく取り組みを評価する声も上がった。感染研によると、これまで国内に定着していた遺伝子型のはしかウイルスは、10年5月以降は検出されておらず、11年に検出されたウイルスは、海外で流行していた遺伝子型だった。感染研感染症情報センターの多屋馨子第三室長は、「わが国は、(はしかの)輸出国から輸入国に転じた」との見方を示した。
 また、海外からのウイルスが国内に定着しないよう、「ワクチン接種率を上げて、集団としての免疫力を高める必要がある」と述べた。



ワクチンという手段があるのに、なかなか減らないんだ。
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。