無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたちごっこ

ウィルスなんかも耐性菌があるように、
スーパー南京虫も、いるそうだ。

忍び寄る“スーパーナンキンムシ”

深夜、音もなくしのび寄り人の血を吸う害虫、ナンキンムシ(正式名称トコジラミ)。戦後、DDTの大量散布で一度は駆除されたかにみえたこの虫が今、再び海外から持ち込まれ、その被害が増加している。しかも押し寄せているのは遺伝子を変異させ、市販の殺虫剤にかつての1万2千倍の抵抗性を持つに至った「スーパーナンキンムシ」。アメリカではすでに被害が拡大し、ニューヨークの大型衣料品店が一時、閉店に追い込まれる事態となった。スーパーナンキンムシはいつどこで、なぜ発生したのか。そして殺虫剤の効かない相手をどうやって駆除していけばいいのか。



で、この南京虫に、咬まれると、
かなりかゆいらしい。

実際咬まれた人の腕は、なんだかすごい湿疹。

見ているだけでもかゆくなる、、、

どうやってスーパー南京虫になるかというと、
最初全体のうち数匹いるスーパー南京虫が、
殺虫剤により、まわりの普通南京虫だけが死んで、
スーパー南京虫は生き残って繁殖するというのを、
繰り返し、あっという間に数が増えていくんだとか。

そうなると、殺虫剤がきかないので、
人間は咬まれ放題。

まさにいたちごっこ。

そこで、虫の生態や習性を研究して、殺虫剤を使わず、
撃退する方法が研究されているとか。

南京虫は、熱に弱く45℃くらいで撃退できるらしいので、
寝具などにいる場合は、洗濯して、乾燥機にかけると効果的。
さらに、ドライヤーを使うなど。

なるほど、布団乾燥機だって、結局は熱でダニ退治してるしね。
人間が発明した洗濯乾燥機って、便利だ。
直接肌につける寝具は、やっぱり乾燥機使おう♪
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。