無料レンタルサーバー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康食品で健康は買えない

NHK「ラジオ深夜便」で健康食品に苦言~群馬大学・高橋教授

12月3日午前4時台放送のNHK「ラジオ深夜便」の「明日へのことば」で健康食品が取り上げられた。ゲストとして登場したのは群馬大学の高橋久仁子教授。
 高橋教授は「食の情報を正しく読み取る」とのテーマで、NHKの林ディレクターの質問に応じる形で、「いわゆる健康食品」や「特定保健用食品(トクホ)」、「野菜ジュース」などの広告表示について苦言を呈した。
 「いわゆる健康食品」ではコラーゲン含有食品を例に引き、「これを飲めばお肌がツルツル」との宣伝文句について、これを飲めばお肌がツルツル「になったらいいね」と書いてあると思うようにと、学生らに話しているという。

 またトクホについては、あくまで「効果は限定的」とし、利用してみようかなと思う方はその商品を販売しているメーカーのお客様相談室に電話をして、「私は身長コレコレ、体重コレコレですけど、この飲料を飲んで何かいいことあるのでしょうか? とおたずねになってから利用されるといいと思います」とアドバイス。
 「そこまでやるのはちょっと億劫ですねえ」との林ディレクターに対し、「億劫だったら、使わない方がいいかもしれませんね。お茶を飲んでいればいいですよ」とし、「健康食品ということばがありますね。また健康食品という存在がありますね。一度みなさん、こういうものがない社会に暮らしていると思ってみたらいかがでしょうか。日々の食生活で守れる健康は守りましょう。そうして食生活で守れない健康がいろいろあります。そのときは医療の力を借りる。なまじっか健康食品があるから変な期待をしてしまう。いっそ一回ないものとしてチャラにして考えてみてはいかがでしょうか」と真っ向から健康食品を否定した。

「野菜不足を補うためにというジュースや錠剤が出ているじゃないですか」と、林ディレクターが野菜ジュースに話題を移したところ、高橋教授は「野菜ジュースを飲んでも野菜を食べた代わりにはならない。これもまた、私はキャッチコピーとして声を大にして言いたい」とし、仮に30種類の野菜を含んだ野菜ジュース350gでは、通常の野菜350g食べたときの5分の1の栄養しか摂取できないとバッサリ。
 野菜ジュースのテレビコマーシャルを取り上げ、「350グラムの野菜を食べるのは大変でしょう、大変でしょう」と、消費者に対して「大変感を植え付けるな」と強い口調で述べた。高橋教授によれば350gの野菜を食べることは決して大変なことではないとし、「小さめのトマトでも1個100g、スリムなきゅうりでも70g、ふろふき大根を3センチ幅に切ったものでも100gは軽い」と聴視者に重量を秤ることの大切さを説いた。
 同教授は、「健康食品で健康は買えない。『栄養』『運動』『休養』が大切」とも話した。



健康食品で、かえって健康を害することもあるんだとか。
99%お金儲け食品だものね。

あの手この手で、キャッチコピーをうまく操って、商品を売ってるCM。

面白いのは、「今だけ○○円で、ご奉仕!さらに△△もお付けします!」
って、それでも利益出るなら、原価はいくらなんだ?と思うと興ざめしてしまう(笑)

健康食品を見るときは、「~になったらいいね」くらいの気持ちで見てると、買わないでも楽しめる?!
関連記事

コメント

プロフィール

kei☆

Author:kei☆
3度の手術を経て、自分の体のこと、医療のこと、また、最近の医療危機に関心があるので、いろんなサイトや本で知ったことを忘れないように、記録しておこうと思う。
あとは、最近頑張りだしたウォーキングの記録。ダメダメなのでいつまで続くやら...。ただいま、BMI=19です。

fc2カウンタ
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード
QRコード
QRコード
リンク
ブログ内検索
NEWS
CB NEWS
鉄道.tv
ジオターゲティング
ジオターゲティング

ジオターゲティング
銀河英雄伝説名言録


present by 田中芳樹:徳間書店「銀河英雄伝説」
日めくりカレンダー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。